プラバンで簡単アクセ作り!色塗りのポイントも紹介!

こんにちは!真由美です。

最近はぐっと冷え込むようになりましたね。
我が家では少し気が早いかもしれませんがコタツを出しました!

コタツに入りながらだらだらテレビを見ていると
あっという間に時間が過ぎてしまいます^^;

最近はコタツに入りながらコツコツハンドメイドをする日々。
とてもゆったりとした時間が流れているので、かなり癒されます。
 

ハンドメイドといっても必要なものは何を作るかによって
大きく変わるわけですが、あれこれ材料を集めるのも少し面倒なので、
最近はめっきりプラバンを使った商品作りにはまっています♪

 
100円ショップで簡単にプラバンが手に入りますし、
一枚からたくさんの商品を作ることができるので
コスパ的にもかなりお得ですよ^^

ただ、近所の100円ショップでプラバンの取り扱いが
無くなってしまったため、最近は少し遠めのお店に足を運んでいます…。

 
まとめて購入しておけばそれほど簡単になくなるものではありません。
とても薄いものなので場所を取らないのも嬉しいですね☆

 

高いプラバンは品質が違う?

近所の100円ショップで取り合いが無くなってから
たまたま行った手芸店でもプラバンが販売されていました。

そこでの価格はかなり小さいB6サイズ×3枚くらいで500円前後。
100円ショップならばB4サイズでも100円
売られているので、かなり違いが大きいです…。

 
でも、もしかしたら高いプラバンの方が何かメリットがあるのかも!
と思って使ってみたのですが、違いはありました。

それは、高いプラバンのほうが
縦と横の縮み具合が小さい
ということ。

 
実際にプラバンを使って遊んでみたことがある方ならば
わかると思いますが、プラバンは縦と横で縮み方が違います。

 
だから丸い商品を作ってトースターで焼いたところ、
楕円になってしまった!という失敗が起きるわけです。

どのプラバンを選択するかによって縮み具合が違うため、
ある程度は調整した上で作らないとでき上がりの形は
想像と違うものになってしまいます…。

 
それが少し高い高いほうのプラバンだと
縦も横もそれほど縮み具合に差がなかったんです。

…ただやはり多少は縮み方が違うので、高いプラバンを
使えば絶対に縦も横も同じ縮み具合であるということはできません。

そう考えると、やはりコスパ通い100円ショップの
ブラバンの方を選択してしまいます^^;

 
それから、薄いプラバンの方が縮み具合が大きく
異なるので0.2mmなどのプラバンを使う場合は
特に注意してみてくださいね。

 

プラバンを使ったパンジーピアスの作り方

せっかくプラバンの話をしたので、
プラバンを使って作れる簡単なピアスの作り方をご紹介します♪

プラバンを買ったものの、具体的に何を作ったらいいのか
わからなくて結局手を付けられていない…という方も
手順を詳しくご紹介するのでぜひ参考にしてみてくださいね。

まず、肝心の花びらをイメージした模様を紙に書きます。

img_1559

サイズは画像内の定規をチェックしてみてください。

二つのプラバンを組み合わせて
一つのお花を作るので、これで片耳分ですね。

続いてプラバンをヤスリでしっかり削ります。

img_1560

これを行っておかないとプラバンに色が入らないので注意!
ただ、ヤスリで削ると細かい削りカスが出るのですが、
これは体にとって良いものではないので
吸い込まないように十分に注意してくださいね。

マスクをして行うのが理想的です。

シャープペンを使って絵柄をトレースします。

img_1561

はさみを使ってプラバンを切り出したら
消しゴムでシャープペンの線を消しましょう。

この時はあまり線が目立たないのですが、トースターで焼くと
縮んで色が濃くなるため、かなり目立つ状態になってしまいます…。

消し忘れがないようにしっかり消してくださいね。
ただし、ゴシゴシと消しゴムをかけてしまうと
小さいパーツは割れたり壊れたりすることがあるので
注意が必要です。

これが面倒ということであればシャープペンで
線を書いたのよりもほんの少し内側を切る
のがおすすめ。

曲線になっているところはかなり慎重に
行わないとヒビが入ってしまう可能性があります。

小さいタイプのハサミを使うと細かいところも
切りやすいのでこちらもぜひ100円ショップで
ゲットしてきてみてくださいね。

続いて色を入れていきます。

img_1563

ここではパステルを使いました。

花びらが二つある方の中央あたりにパステルの
黄色で色を付け、なじむようにティッシュを
巻いた指でポンポンと色を置いていきます。

続いて、先程よりもほんの少しオレンジに
近いパステルで同じく色を入れていきましょう。

img_1564

最後にさらにオレンジっぽい色を使って
グラデーションになるように着色していきます。

img_1566

3枚の花びらがある方のパーツはこちらの画像のように
外側が黄色、内側がオレンジになるように
グラデーションを作ってください。

中央部分にはオレンジで線を入れておきます。

img_1568

また、中央には3ミリのポンチを使って穴を開けました。

後から穴を開けても良いのですが、焼きあがった後のプラバンは
とても硬いので、穴を開けるのが大変
です。

焼き上がったプラバンに穴を開ける場合はピンバイスというものを
使うのが一般的です。

かなり硬いので大変ではありますが、綺麗な穴が開くのでおすすめ。

それに、焼く前に穴を開けておくと焼き上がった時に
自分が思っていたサイズよりも穴が大きすぎた、または小さ過ぎた
ということがありますが、後から開ける方法であればそういった心配もありません♪

 
ポンチではなく穴あけパンチを使って最初に分ける方法もあるのですが、
ほとんどの穴あけパンチは直径が大きいため、
アクセサリー作りをするための穴を分けるのには向きません。

このあたりに注意してみてくださいね。

こちら焼きあがったプラバンです。

img_1569

ポイントは取り出した
時に素早く軽く丸めるということ。

左手に薄い手袋をしておき、そこにプラバンを置いたら
反対側の手で中央を軽く押すと曲がります。

うまくいかない場合は中央顔凹んでいるボタンの上に
置いてから中心をペンの裏やパールビーズをつけた
つまようじで押すというのもおすすめです。

失敗しても原価が安いので何度か挑戦してみてくださいね。

最後にピアス金具と組み合わせて完成!

img_1570

二つの花びらを組み合わせたら
パールを通した飾りTピンを通して固定しています。

また、3枚の花びらがついている方の一番下に新しく
ピンバイスで穴を開け、こちらもコットンパールを付けてみました。

アイディア次第でプラバンを使ったピアスは
いろいろ作れるのでぜひ試してみてくださいね。

 

プラバンの着色には何を使う?

これはなんでもいいです。
しっかり事前にヤスリをかけておけば
基本的に色鉛筆でもパステルでもしっかり色が入ります。

色鉛筆やパステルはふんわりとしたやさしいカラーリングが
特徴なのですが、もっとはっきりしたカラーにしたい!という方もいるはず。

そういった方はぜひポスカを使ってみてください。

 
まるでアクリル絵の具で書いたような
はっきりとした色合いになります。

プラバンは焼くと縮んで色が濃くなる性質を持っているので、
最初からはっきりとした色合いのポスカを使うと
くっきりとした線も書くことが可能ですよ♪

しかもポスカの場合はヤスリで削らなくても書けるのでとても楽チンです。

 
グラデーションを作りたいのであれば色鉛筆やパステルがおすすめ。
どちらかというとパステルの方がグラデーションに向いています。

それから、アクリル絵の具という方法もあります。
ただ、私は最初にアクリル絵の具を使って
プラバンを作った際に失敗しました…。

というのも、発色をしっかりさせようと思ってかなり
濃い目に塗ったところ、焼きあがったプラバンで絵の具を塗った部分が
まるで雨上がりの水たまりが渇いた時のようにひび割れてしまったんです^^;

絵の具を使うときはあまり濃くならないように
注意したほうがいいみたいですね。

 
少し変わった方法として、プラスチックにもしっかり色が乗るタイプの
インクを使ってスタンプを押すという方法もあります。
インクは多用途インクというものでOKなのでぜひチェックしてみてくださいね。

 

プラバン商品をチェック!

今はminneでたくさんのプラバン作品が販売されています。
一つ一つチェックしてみると、プラバンにはこんな
使い方があったんだ!と驚くものもたくさん…。

でも、その中で「私だったらこうするのに」という作品が見つかることも。

 
そういったことを組み合わせていくと
自分なりのすてきな作品を作ることができるはず!

プラバンを使って何か作りたいけれど何がいいかな…
と悩んでいる方はぜひminneを参考にしてみましょう。

それから、最近はヤフオクやメルカリでも
たくさんのハンドメイド商品が販売されています。

その中にはプラバンを使ったものも多数あるので、
こちらもチェックしてみてはどうでしょうか?

アイディアの引き出しがたくさんあればあるほど
すてきな作品が作れるようになるはずです。

 
でも、その中ではけっこう所細かいパーツ類などを
買わないといけないことも多いですよね^^;
そのためのお金がなかなか用意できないということであれば
在宅で気軽に稼いでみましょう!

私の一押しはメールレディというものです。
パソコンやスマホでメール交換をするだけで
お小遣いが稼げるので気になるパーツもゲットできます^^

…といってもメールレディってなに?という方のために
体験談を書いた記事があるので是非チェックしてみてくださいね。

メールレディ体験談

ハンドメイドの練習にもプラバンが最適!

実際にプラバンを焼いてみたけれど
うまくいかなかったという方もいるでしょう。

ですが、プラバンに限った事ではなく
ハンドメイドに失敗はつきものです!

原材料が高いものだと失敗したものも売りに出したく
なってしまいますが、自分でも納得のいっていない商品を
売るとお客さんは買ってくれません。

評判を落としてしまうこともあるので、
納得のいく商品ができた時のみに出品してみてくださいね。

プラバンの大きな魅力ともいえるのが
何と言っても安いということ。

100円でB4サイズまでのプラバンが販売されているので、
かなりお得に練習ができます。

 
例えば、今回ご紹介したパンジーのピアスを
作ろうと思った場合、B4サイズのプラバンで4~5セットは
できる計算になるわけですが、仮に1個800円で売れたとしても
3200円~4000円になります。
 
原材料が100円なので、そう考えるとかなりお得ですよね。

まずは失敗を恐れずに、練習用として何枚かプラバンを買って来ましょう!
そうすれば失敗したとしても気にすることなく挑戦を続けられるはずです。

まだまだハンドメイドブームは続いています。
ぜひプラバンを使って自分らしい作品作りに挑戦してみてくださいね。

タグ

これからハンドメイドを初めて稼げる?初心者向けおすすめ情報

6294

こんにちは、真由美です!
最近ハンドメイドにはまってしばらくいろいろな作品を作ったりしていたんですが、
ハンドメイドといえばテレビでも話題になっていますよね。

例えば、「いきなり!黄金伝説。」で篠原ともえさんが
実名を隠してminneで販売していたり、芸人のノッチのお嫁さんが
同じくminneで作品を販売するというコーナーを「スッキリ!!」でやっていました。

さてさて、ご覧になった方ならばわかると思いますが、
どちらも順調とはいえない結果になっていましたね^^;
 

でもでも、ハンドメイドでかなり儲けている人がいるのも事実!

そこで、今回は今からハンドメイド作家になろうと思ったとして
本当に稼げるのか?稼ぐためにはどのようなことに注意したら良いのか?など、
これからハンドメイドを始めようと思っている方に役立つような情報を
紹介していきたいと思います!
 

今からハンドメイドを始めて稼げる?

6292

 
これはかなり気になる問題ではないでしょうか…。
確かにハンドメイドの人気は高まっています。

ですが、ハンドメイドに目をつけて始める人が増えたという
わけでもあるので、ライバルはかなり多いです。

 
ライバルが多いと売れなくなってしまうのも当然のことなので、
これからハンドメイドを始めたとしてももう遅いのでは…と
思っている方もいるでしょう。
 

ですが、私が思うに
これから始めたとしても問題ありません!
 
というのも、作る人が増えてくればハンドメイドについて
興味を持つ人も増えるわけなので、お客さんも増えるわけです。

 
人によって好みはそれぞれであるため、誰がどのような企画で
自分の作品に興味を持ってくれるかはわかりません。

今からでも十分ハンドメイド作家として活躍していける可能性はあるので、
もう遅いのでは…と思っていた方も始めてみましょう(^o^)
 

ハンドメイド作成で注意しておきたいこと

そもそもなぜ機械でたくさん作られた立派な製品があるのに、
あえてハンドメイド商品を購入する人が増えているのでしょうか?

その理由はなんといっても手作りの温かみがあるということ!

それに、一つ一つが手作りであるため、
世界に一つしかない作品ともいえますよね。

 
これからハンドメイドを始めようと思っている方にぜひ知っておいて欲しいのが、
「ハンドメイド作品なんだから多少をいびつだったり、失敗していても許される」
という考えはNGだということ。

 
実際にminneなどを確認してみるとわかりますが、
皆さんかなり繊細ですてきな作品を作られています。

梱包方法やラッピングにもこだわっており、
それこそ本当に企業が機械で作ったような立派な作品ばかりなんです…!
 

ハンドメイドだから多少の失敗は許してもらえると考えている方は
人気ハンドメイド作家になるのは難しいですね…^^;

そもそもハンドメイド作品はどれくらいのレベルなの?と思っている方は、
ぜひ一度商品を購入してみてくださいね☆
そこらへんのお店で普通に売っていてもおかしくないくらいの作品ばかりです。

 
売り物になる商品を作ってバンバン稼ごう!と思っている方もいるかもしれませんが、
まずは絶対に練習した方が良いですね。
作り慣れていない商品は一目見れば簡単にわかってしまいます…。
 

売り物になる商品を作る際には、自分でその商品にお金を払ってでも欲しいと思えるか?
というのを一つの参考にすると良いみたいです。
 

これからハンドメイドを始めたい、なにからやれば良い?

6295

では、これからハンドメイドを始めようと思ったら
なにから準備すれば良いの?と思っている方、まずは自分が
どのような商品を作りたいのか考えてみましょう♪

レジンが人気らしいから~
…と道具をそろえようと思ったら1万円近くかかります。
でも、実際に道具をそろえたあといざ始めてみたら
自分には合わなかった…というケースも。

だからこそ、自分がなにから始めようかというのは慎重に考えた方が良いです。
 

ハンドメイドの中にはかなりお金がかかるものもあります。
でも反対にほとんど初期用をかけずに始められるものもあるので、
まずは自分に向いているかどうか考えてみたいという方は
お金のかからないハンドメイドから選択しましょう。

おすすめのものがいくつかあるのでご紹介しますね。

■プラバン
かなり激安で始められるのがプラバンです。
プラパンといえば、子どもが遊ぶものじゃないの?と思うかもしれませんが、
今のプラバンはかなり進化していてオシャレなアクセサリもプラバン一つで
できてしまいます!

アイディア次第で使い道はたくさん!
minneなどで売られている代表的な商品はブローチやネックレス、ピアスなどですね。
 

しかも今は100円ショップで大きなプラバンが購入できる時代…。
焼く必要がありますが、オーブントースターやオーブンレンジでOKなので
本当に諸費用はかなり少なくて済みます。

着色をするために使うアイテムはマニキュアや絵の具、油性ペンなど。
すべてそろえたとしても500円くらいで済むかもしれません。
 

ただ、プラバンは人気も高く、たくさんの商品があるので
他の人とかぶらないように個性的な商品を考えていきたいですね。

 
■樹脂粘土
次に、粘土もおすすめです。
中でも樹脂粘土の人気が高く、スイーツデコなどにも使われています。

粘土の価格はかなり幅広く、ハンドメイド商品で使うような樹脂粘土は
だいたい500円~となるでしょう。

着色に必要なものも購入する必要があるので、樹脂粘土を始めようと
思った場合には一般的に1,000円以上の費用がかかります。

 
樹脂粘土を使った商品はプラバンと同じくピアスやブローチなどのほか、
置物、スイーツデコなど幅広いのも魅力です。

粘土には他にも紙粘土やオーブン粘土など様々な種類があるので、
作りたい商品の種類によって複数の粘土を使い分けるのもおすすめです。
 

■羊毛フェルト
こちらもハンドメイドの業界ではかなり人気のジャンルです。
針(ニードル)と呼ばれるものを使い、ふわふわの羊毛フェルトに
さして少しずつ形を作っていくものなのですが、
レベルの高い商品になると本物そっくりの犬の人形を作るなど
技術次第でかなり高度な作品も作れます。

嬉しいことに羊毛フェルトに必要なフェルトは100円ショップでも販売されているので、
チェックしてみてくださいね。
 

できるだけ安くハンドメイドを始めるには?

6293

これからハンドメイドを始めるために道具を準備しようと思っている方は、
ぜひ先に100円ショップに行ってみましょう!

100円ショップによって取り扱っている商品は違いますが、
ハンドメイドブームということもありどの100円ショップでもハンドメイド用の
コーナーを用意しているんです^^

その中には、普通に手芸屋さんで買ったら1,000円以上するようなものが
100円で売られていることも…。
 
私の場合も100円ショップで購入できるものはすべて
100円ショップでそろえています。

100円で購入したものならば万が一失敗したとしても諦めもつきやすいので、
ハンドメイド初心者の方はぜひ活用していきましょう~♪
 
特におすすめしたいのが、工具類です。
ハンドメイドで使うニッパーやラジオペンチなどの工具の中には
ホームセンターでは500円以上で売られているものもありますが、
100円ショップでも手に入るものが多いので確認してみてくださいね。

ただ、やっぱり少し高い道具類の方が作りも繊細ですし、
壊れにくく錆びにくいです。

例えば、アクセサリー作りをする際に使うパーツなどは100円ショップのものではなく、
しっかりしたものを購入した方が良いでしょう。
 
100円ショップの商品の中には錆びやすいものもあるため、
せっかく購入してもらえたとしてもすぐに錆びて
使い物にならなくなる可能性も考えられます。

 
そういった商品を販売してしまうとリピーターにはなってくれませんよね。

 
あれこれそろえようと思うとお金がかかってしまいますが、
私の場合はメールレディという在宅ワークでお金を稼ぎ、
それで好きなようにパーツを買っています♪

メールをするのに飽きた時間などを使って暇潰し感覚で
ハンドメイドを楽しんでいるわけですが、今はかなりハマって
ほとんどハンドメイド中心になっているかも…^^;

 
まあメールレディの方は空き時間を使って効率よく稼げるので、
手軽に稼げる方法を探しているという方はぜひチェックしてみてくださいね。
こちらで詳しくご紹介しています。
 

ハンドメイド初心者にぜひやって欲しいこと

これからハンドメイドを始めようと思ってる方にぜひやって欲しいのが
とにかくminneで販売されている商品をチェックするということ。

トップページで紹介されている作品はメルマガなどでも紹介された
今売れている商品です。

 
つまり、それと似たような作品を作れば売れる!ということでもありますね。
もちろんパクリはよくありませんが(笑)

minneで活躍するためには似たようなクオリティーが必要ということでもあるので、
一つの参考にしてみてください。

それに、「私だったらここをこうするのになぁ…」と思える商品があれば
自分のデザインを考えたりする際にも役立てることができますよね。

 

ハンドメイド作品っていくらで売れる?価格設定のポイント

頑張ってハンドメイド商品を作ったのに何故か売れない!という方は、
初心者がやってしまいがちなミスを犯しているのかもしれません…。

「まだリピーターさんもいないし、最初は安い価格から始めよう…。」

これが大きな間違いに繋がってしまいます。

例えば、100円ショップのプラバンを使って作った商品ならば、
一枚のプラバンから何個もの商品ができるわけなので、
それこそ1個100円くらいの価格設定にしたとしても
利益が出るように思うかもしれません。

 
ですが、安過ぎる商品というのは
買い手から警戒されます。

安かろう悪かろうでは困るわけなので、
お客さんは安過ぎる商品には手を出さないんです。

そこで重要なのが、自分のハンドメイド作品の適正価格を考えるということ。

一つの目安とも言われているのが、原価の3倍に設定するということです。
それに、作るのに時間がかかった商品ならばその辺りの時間を
値段に換算して価格設定を考えていきたいですね。

 
例えば、例え材料費があまりかかっていなかったとしても
作るのに1時間以上かかる商品を100円で売ったとしたら確実に合いません。

注意しなければならないこととして、ハンドメイド商品を販売する際には
原価についてよく考えなければならないんです。
 

ここでの原価というのは、材料費のことだけではありません。
商品を郵送で発送するということになれば、
ラッピングをするのに使う袋や箱などの料金も発生しますよね。

このあたりを忘れてしまうと最終的に合わない…ということにも
なりかねないので注意してみてください。

 
それから、「最初は高めに料金を設定して売れなかったら値下げしよう」という考えも
NGです。

そもそも値引きというのはどういう時に行われるのかというと、
そのものの価値が下がった時ですよね。

お客さん側からすれば、値引きされたから買おう!というよりも、
価値が下がったと感じてしまいます。

登録した商品の値段は途中で下げない!というのを鉄則としましょう。
 

結論としてハンドメイドでこれから稼いでいける?

いろいろご紹介しましたが、一番気になるのは
これからハンドメイドを始めて稼いでいけるかどうかということですよね。

結論からいってしまえば、その人次第です。Σ(´д`)

ハンドメイドは必ずしもお金をかけなければ売れないというわけではありません。

大事なのは発想力とオリジナル性!

ハンドメイド商品を探している方の多くは一点もののアイテムや
一般的に販売されていないようなちょっと変わったものを探しています。

このあたりをうまく取り入れることができれば
人気ハンドメイド作家になれること間違いなし!

 
実際にハンドメイドで稼いでいる方の中には、家事の合間にハンドメイド作品を作り、
100万以上の月収をゲットしている人もいるんです。

それに、ハンドメイドには年齢は関係ないため人気ハンドメイド作家になれれば
年を取ってからも自宅で気軽に稼いでいくことができます。
 

ハンドメイドは非常に有名なある副業でもあるので、
ぜひ楽しみながらハンドメイドを始めてみてくださいね☆

タグ

minneで食品の取り扱い開始!誰でも出品できる?販売方法は?

こんにちは~!真由美です。
もうすっかり桜も散ってしまった地域が多いのではないでしょうか。
お花見には行きましたか?

私はお友達との都合が合わず今年は残念ながら行けませんでした;;
来年こそは何とか早めに予定を立ててお花見を楽しみたいものです…。

 
さてさて、本日はハンドメイド販売サイトであるminne(ミンネ)についてです。
素人の方でなく、プロの方もいろいろなハンドメイド商品を販売できる
ということもあり人気が高まっていたのですが、4月26日より、
新たに食品の販売が開始となりました!

主婦の方の中にもお菓子を作るのが好き、パンを焼くのが好きという方は多いはず…。
minneで食品を取り扱うということになると、ぜひ参加したい!と感じるのではないでしょうか?

 
そこで、今回はminneで食品を出品する方法などについてご紹介します。

 

minneではどんな種類の食品を取り扱っているの?

04301

 
食べものであれば何でも良い!というわけではないようです。

出品できる食品の種類は決められており、
現在取り扱っているカテゴリは次の通りとなっています。

・パン・シリアル、ドライフルーツ、ドライフード
・チョコレート、クッキー、焼き菓子、和菓子
・コーヒー、紅茶、お茶、ジュース
・ジャム・シロップ

このほかのカテゴリも順次追加されていくとのことなので、
ぜひぜひチェックしてみてくださいね。

 

誰でも皆の食品カテゴリに出品できる?

0430

 
ここが気になるポイントですよね。
結論からいってしまうと、誰でも出品できるというわけではないようです…。

というのも、やはり食品ということもあり、安全性が確認できたものしか出品できません。
仮にminneから購入した食品を食べて食中毒に…なんていうことになってしまったら
大変なので、このあたりは仕方がないことだといえます。

 
minneで食品を販売するためには、まず始めに販売登録を済ませなければなりません。
これ自体は誰でもできます。
すでにminneで出品をしたことがあるという方は販売登録も済んでいるでしょう。

そして次に重要になってくるのが、販売に必要な許可証類を持っているということ。

また、食品衛生法のほか、JAS法や健康増進法、食品表示法等の関係法令、そして条例並びに監督官庁及び地方自治体が定める各ガイドライン等を遵守している方でなけれはminneで食品を出品することはできません。

 
つまり、どちらかというとを今回始まった食品の取り扱いというのは、
ショップさんを対象にしたものなのかな…と思ったのですが、
現時点では基本的にそのような形になっているようです。

販売をするのに必要な販売許可申請の方法などについては
サポートするとありますが、サイト上には詳しい方法はまだ記載されていません。

のちのちは、趣味で料理を作っている方もサポートしてもらえるような
体制が整えられていくものだとは思いますが、現時点では何とも言えない状態です^^;

 

minneで食品を販売する流れは?

販売許可申請が可能な方などは早速食品を販売する
流れについてチェックしてみましょう!

まだminneに登録していない方は、登録を済ませましょう。
次に、会員ページにログインして作家登録をします。

住所や電話番号、その他もろもろを入力するのですが、
特定商取引法を入力しなければなりません。

これは、販売者の情報や、食品の支払い方法、キャンセル方法、
配送料などに関する事を細かく記載した情報のことです。

続いて、身分証を提示する必要があります。
こちらは免許証やパスポートなどのキャプチャで良いようです。

 
また、食品販売に必要な許可証等所持確認も行われるので用意しておきましょう。
これだけですぐに販売できる!というわけではなく、
minne側から食品販売の承認を受けなければなりません。

審査があり、それに合格した方でなければ販売はできないようです。

見事審査に合格すればあとは作品登録画面から販売食品の登録できるので、
通常のハンドメイド商品と同じように販売していきましょう!

売上アップのポイントはやはり、見た目をキレイにするということが大事。
料理は目で楽しむものでもありますよね。
料理自体をキレイに仕上げるということも大切なのですが、
梱包などにもこだわってみましょう。

 
キレイに見える写真の撮り方や、簡単にできる加工などについても
近々ご紹介するので参考にしてみてくださいね☆

タグ

ハンドメイド商品が売れないなら委託販売もおすすめ!

こんにちは!真由美です。
最近はかなり暖かくなってきましたね~♪

近所でも桜が咲いていて、本格的にお花見計画を立てています^^

さてさて、今日は、ハンドメイド作品を作ったのになかなか売れない!
在庫ばかりたまってしまう…!と悩んでいる方のために
売上アップの方法ともいえる委託販売についてご紹介したいと思います。

実は実際に店舗を構えているお店の中にも
ハンドメイド商品の委託を扱っているところもあるんです!

なかなか売れない作品がある場合、それはもしかしたら
多くの人の目に留まっていないことに原因があるのかもしれません…。

当然ながら、同じ商品であったとしても1,000人の人に見てもらうのと
1人にしか見てもらえないのとでは売り上げが大きく違ってきますよね。

そのため、ハンドメイドでたくさん稼ぐためにはとにかくたくさんの人に
商品を見てもらうことが重要なんです!

例えば、ハンドメイド販売サイトのminneなどに登録するのも良いですね。
でも、せっかくminneに登録してもメルマガなどで取り上げてもらえないと
なかなかチェックしてもらえないというのも事実…。

いつか取り上げてもらえるかも…と夢を見て新しい作品を登録し続けるのも
良いのですが、そうなると取り上げられなかった作品がどんどん
溜まっていってしまいますよね。

そんな時にも委託を役立ててみましょう!

そもそも委託販売とは?

 

そもそも委託販売とは?

 

これは、「あなたの作品私が代わりに販売しますよ」といってくれている
ショップさんに商品を渡し、商品が売れたら代金を受け取るという
システムのことです。

具体的なシステムはどこにどのような形で依頼するのかによって違うのですが、
基本的にはいくらかの手数料を取られた上で売り上げが入金される形になります。

仮に委託販売をすることになった場合、基本的な流れは次のようになるはず。。

1.委託販売をしてくれるショップとの契約
2.ショップ側にハンドメイド作品を送る
3.ショップがネットショップや実店舗でその商品を販売
4.売れた場合に手数料を引いた金額が振り込まれる

もしも売れなかったらどうなるの?という疑問もあるかもしれませんが、
その場合はこちらの希望があれば商品を返送してくれるところがほとんどです。
この際の送料などは基本的に自分で負担する形になるでしょう。

それから気になるのが手数料はどれくらい取られるのか?ということですよね。
これもショックによってかなり違いが大きいです。

相場としては大体2割~4割くらいだと思っておいた方が良いでしょう。

他には買取という形であらかじめハンドメイド商品を買い取り、
販売してくれるケースもありますが、こちらはある程度知名度がなければ
買取という形で引き受けてもらうのは難しいでしょう。

ハンドメイド作品を委託販売をするメリット・デメリット

 

ハンドメイド作品を委託販売をするメリット・デメリット

 

なんといっても、自分の商品を見てもらえる機会が増えるということが
大きなメリット!

特に、人気の高いお店に委託を引き受けてもらえれば
売れる確率はぐっと高くなります。

それに、実際に商品を販売するのは自分ではなく
委託を受けてくれたショックになるわけなので、
自分自身で接客をする必要はありません。

ハンドメイドイベントなどに出てみたものの、
接客が苦手でなかなか売れなかったという経験を持っている方も、
委託販売であれば安心ですね。

また、ネットショップでの販売になった場合でも
自分で梱包や発送の作業する必要もないわけなので、
かなり手間を省くことができます。

次にデメリットについてですが、手数料取られてしまうというのは
大きなデメリットですネ…。

仮に自分で販売していた場合には支払わなくていい費用とも
いえるので、ある程度知名度が上がってきて売れるようになったら
委託販売ではなく、自分の身で売ることも考えた方が良いですね^^;

それから、お店によってはスペース代というものがかかってしまう
ところもあります。

これは実店舗に商品を並べてもらう場合に多いものなのですが、
1ヶ月あたり1,000円~5,000円程度のスペース代がかかってしまう
ケースもあるので確認しておきましょう。

これは、残念ながら仕方がないお金ともいえます。
というのも、商品を並べても全く売れないということになると
お店側も売り上げに繋がらないので困ってしまいますよね。

そこで、 スペース代というものを取り、ひとつも売れなかったとしても
損をしないような形になっているわけです。

ただ、ひとつも売れなかった場合、下手をすると料金のみ
を支払い続ける形になってしまうかもしれません。
このあたりは注意をしたいですね。

毎月スペース代を支払って置いているのに全く売れないという場合、
自分の作っているハンドメイド商品とお店を覗いているお客さんの
タイプが違う
のかもしれません。

しばらく動いてみて全くれないようであれば
他の委託先を探した方が良いでしょう。

ですが、それ以外にはあまり大きなデメリットはありません。
あえて言うのであれば、自分で直接販売をしないために
お客さんの生の声が効きにくいということは上げられるかもしれません。

委託を依頼する際の注意点

委託販売は非常に便利なものではありますが、
トラブルもつきもののようです。

例えば、商品をお願いしたのにそのあと全く連絡が取れなくなった、
委託販売を開始した直後であるにも関わらずショップが
閉店してしまったというトラブルはたくさんあります。

こういったことを避けるためもできるだけ信頼できる委託先を
探しましょう。

中には、本当は商品が売れたにも関わらず、それをお知らせせずに
料金を支払ってくれないところまであるようです…!!Σ(Д゚;/)/
特に新しくできたばかりのネットショップや店舗では
こういったトラブルが起きやすいので長く運営しているところを
選んだ方が良いですね。

委託先の探し方

 

委託先の探し方

 

インターネットを使って探すことができます。
ただ、かなり人気のショップになると審査があったり、
断られてしまうケースも多いので注意しなければなりません。

自分で販売サイトなどを持っている場合、サイト宛に
メールなどで委託販売の案内が届くこともあるので、
サイトやブログを作り、多くの人に見てもらうというのも大切です。

ハンドメイド商品は売れないと諦めてしまいがちではありますが、
このような販売方法があるため、ぜひ実践してみてくださいね。

タグ

ハンドメイドの分野で話題!超人気の動物ぽんぽんとは?

こんばんは!真由美です。

まだまだ寒い日が続きますが、どうお過ごしでしょうか^^

早速ではありますが、最近ハンドメイドの分野ですごく
話題になっているものがあるのでご紹介しますね!

 
それは、「動物ぽんぽん」というもの。

 
ハンドメイドに関してアンテナを張り巡らせている方ならば
もしかしたらもう聞いたことがあるかもしれません。

これは、その名の通り、ぽんぽんで作った動物のこと。

こちらが動物ぽんぽんです。

 

228
出典:Amazon 動物ぽんぽん: 毛糸をぐるぐる巻いて作るふかふかマスコット

 

ぽんぽんっていうのは日本で昔ながら作られている毛糸飾りのことです。

例えば、こんなものを見たことがないでしょうか?

 

271

 
この帽子の先についているのがぽんぽんですね。

厚紙や指などに毛糸をひたすらグルグル巻きつけ、
真ん中で束ねたら両端を切って形を整えるというとても簡単なもの。

これを使って作る動物のモチーフが今大人気なんです。
何でも作り方について書かれた本がAmazonのカテゴリーランキングで1位を獲得し、
そこから一気に火がついたんだとか。

毛糸で作ったとは思えないくらいかわいい動物たちが話題です。

作り方をチェックしてみるとそんなに難しくありません。
それに、材料は毛糸ということもあり材料費もそんなにかかっていないでしょう。

でもかわいい!!

ハンドメイドの分野でうまく稼いでいくためには
こういったアイディアが必要なんだろうな~と思いました。

 

動物ぽんぽんは難しい?

 

272

 
最初に説明しましたが、ぽんぽんを作ること自体は難しくありません。
主な材料は毛糸となっているので、始める気になったら
それこそ100円からでも始められるでしょう。

ただ、用意しておいた方が良いものがあるみたいです。
それは、ポンポンメーカーという商品。

 
厚紙などを使ってもぽんぽんは簡単に作れるのですが、
ポンポンメーカーというものを使うとさらに複雑なデザインのものも
作れるようになるんです。

価格は1,000円以下となっているので、毛糸と合わせても
1,000円以下でかわいい動物ぽんぽんができちゃいます。

他にはぬいぐるみ用のアイパーツが必要です。
これも数百円で購入できるのでそれほど費用はかからないでしょう。

あとはやっぱりブームのきっかけにもなった作り方が掲載されている本は
用意しておいた方が良いですね。
考案者の方が書いた本が出ているのですが、こちらかなりの人気で
現在は入手が困難な状態になってしまっています。

 
お近くの書店などで見かけた際にはすぐにゲットいたしましょう!

ネットやテレビでも話題の動物ぽんぽんの作者&著者は
trikotri(とりことり)さんという方です。

実はこの方、ハンドメイド商品の販売サイトであるminneで
第1回ハンドメイド大賞を受賞した方でもあるんです。

自分が作った動物ぽんぽんをTwitter上で紹介している方も多いので
チェックしてみてくださいね。
ぽんと部屋に置いておいてもかわいいのですが、
アクセサリーとして改造するのも人気です。

 
動物ぽんぽんがテレビなどでも注目されたこともあり、
今後はさらにハンドメイドブームが広がっていくのではないかと思います。

これからハンドメイド作家として活躍していきたいと思っている方は、
アイディア力で挑戦してみてはどうでしょうか?
でも、そのためには基本中の基本を身につけることも大切ですよね。

始めやすくて簡単!ということでおすすめしたいのがプラバンです。
ということで次回はプラバンを使った簡単なアクセサリーの作り方をご紹介します♪

タグ

ハンドメイド商品が売れない理由とは?売れるコツ紹介!

こんにちは!真由美です。
早いものでもう1月も終わりですね…。

年越しをしたのもついこの間のような気がするのですが^^;
 
 
最近は引き続きハンドメイドについていろいろな情報を集めていたのですが、
ハンドメイド販売サイトのminneなどを見ていると、
「あれ…これかわいいのにあまり評価が高くないみたい…」と感じる商品がちらほら。

それとは逆に「えっ。なんでこれがこんなに売れてるの…。」(失礼)と
思ってしまう商品もあります。
 
 
実際にハンドメイドしている方の中には、なぜ自分の商品が売れないのか
深刻に悩んでしまっている方も多いようです。
そこで!ハンドメイドで作った商品が売れない理由について調べてみました!
 
 

ハンドメイド商品が売れない理由とは?

売上アップに悩んでいる方の助けになれれば嬉しいです(>_<)

写真に問題がある

売れている商品をチェックしてみると、とにかく写真写りが良いです。
購入者は写真を見て商品を判断するしかないわけなので、
写真写りってとにかく重要みたいですね。
 
 
ですが、ハンドメイドの写真を撮るために本格的なカメラを
購入するわけにもいかないし…という方も多いはず。

そういった方はスマホのカメラを使ってみましょう。
スマホ用のソフトはたくさんありますが、中には撮影した写真を
キレイにしてくれるものもあります。
 
 

写真に問題がある

 
 
おすすめなのが「Autodesk Pixlr」というアプリです。
フリーアプリとは思えないくらいいろいろな加工ができるので
ぜひチェックしてみてくださいね。

ガラケーを使っているという方はパソコンの画像調整ソフトに
挑戦してみるといいですね。
 
 
Photoshopなどのソフトがあると簡単なのですが、価格が高いため、
フリーソフトからチェックしてみるのがおすすめです。
例えば、「JTrim」というソフトはフリーソフトではあるものの、
明るさやコントラストの調整ができるので写真をキレイに見せるのに
役立ってくれるんですよ~☆

いくらすてきな商品を作ったとしても写真が暗いと印象が悪くなってしまいます。

ハンドメイド販売サイトではメインの写真を載せた上で補足的な
写真も掲載できますよね。

ただ、メインで乗る写真も商品一覧画面ではそれほど大きいわけではないので、
小さくても人目を引くような見せ方を考えることが大事!

例えば、作ったピアスを撮影するのにただテーブルの上に置いて
撮影しただけでは飾り気がありません…。
キレイなグラスに引っかけてみたり、小物を使ってキレイに見せていきましょう!

それと、補足的な写真の枚数は多い方が良いです。
最低でも3枚は載せておきたいところ…。

たまに文字だけで「○○の部分は○センチ」とか「裏側は別の柄です」と
いった説明をしている方もいますが、こういったことは文字で書くよりも
写真を掲載した方がわかりやすいですよね。
 
 
ピアスやネックレスなどは実際に身につけたところの写真を
撮影するとイメージが掴みやすいです。

価格が高すぎる

ハンドメイドを使って稼ぎたい!と思ってしまうと、
つい価格設定を高くしてしまいがちです。

実際にハンドメイド販売サイトをチェックしてみると結構な高値をつけているものの
たくさん売れている商品もあります。
ただ、そういったものは作家さんに固定のファンがついていたり、
販売サイトのメルマガなどで大々的に宣伝された商品
である可能性が高いですね。

つまり、まだファンのいない人が初めから高い価格設定をしたとしても
売れる可能性は低いということ…。

価格設定に問題あり?

 
 
それに、高い商品を売る人というイメージがついてしまうと
なかなかファンもつきません。

まずは安めの価格設定にしてファンを増やしていきましょう。

ですが、反対に安過ぎるのもあまり評価が良くないようです。
「他の商品に比べて安過ぎる…適当に作ってるんじゃないの」なんて
思われてしまったら大変ですよね。

そのため、過小評価し過ぎることなく、他の商品を参考にしながら
相場に近い価格設定
をしていきましょう。

商品に問題がある

まだまだハンドメイド商品として販売するレベルに足していないものも見かけます。
例えば、ものすごく歪んでいたり、写真で見てもすぐにわかるくらいの
大きなミスがあるもの(レジンの中にゴミが入っていたり、パーツ同士が
ズレているアクセサリーなど)ですね。

ハンドメイド商品はたくさん登場しています。
そのため、購入する方もいろいろな商品を見てきているのです。

その中から選んでもらうということは考えてみればとても大変なことですよね…!
 
 
売れるためにはどの作家さんもいろいろな努力をしています。
まずは自分でも「完璧!」と思えるようになってから出品しましょう。

商品説明のところに「素人なのでかなり下手です」といったことを書いている人を
見つけたこともありますが、お金を払って購入するわけなので
そういった方からは買いたくないですよね。

確かに手作業で一つ一つ作っているわけなので、
機械で作るようにすべて完璧に作るのは難しいかもしれません。
ですが、値段をつけて商品として売るのであればプロとしての意識を持つことが
大事です!

露出が足りていない

これはかなり大きな問題です。
いくらすてきな商品を作ったとしても見てくれる人がいなければ
売れるわけはありません。
 
 
最初に言ったように「なんでこれがこんなに売れているの…」と
思ってしまうような商品はとにかく露出が多い可能性が高いです。
つまり、たくさんの人は見てくれているということ!

ただ、残念ながらこの点は運任せのようなものもあります。
例えば、minneの場合はほぼ毎日届くピックアップ商品一覧に
掲載されるだけで売り上げが跳ね上がるようです。

そして、一度でもピックアップ商品に掲載されれば自分を
お気に入り登録してくれる方が増えるため、その後に出した商品も
売れやすくなるといえるでしょう。

だからといってピックアップしてもらうのを待つだけというのは
あまりにも効率が悪いので、自分でも露出の場を増やしていくことが重要!
他のハンドメイドサイトにもたくさん登録してみたり、
地元で行われるフリーマーケットに参加してみるのも良いでしょう。
 
 

露出が足りていない

他には、Twitterを使った方法もあります。
Twitterでハンドメイド関係の方をたくさんフォローし、
たまにプレゼント企画を開催してみてはどうでしょうか?

実際にTwitterをしている方であれば
「RTをしてくれたフォロワーさん限定でこちらのハンドメイド商品を
プレゼントします!」といった企画を行っている方を見かけたことが
あるかもしれません。

つまり、自分のツイートを広めてくれた人に対して、
お礼の意味合いを込めてプレゼントするということ。
ハンドメイド用のTwitterを登録しておけばminneなどに新しく商品を
出品した際にそれを自分で宣伝することもできます。

SNSが苦手ということであれば、ブログなども良いでしょう。

まとめ

ハンドメイドをしているけれどなかなか売れない!と悩んでいる方の
ためにいくつか解決方法をご紹介しました。

それまで全く反応もなかった商品がある日突然売れるようになったりすることも
珍しくないので、諦めずに継続しましょう!

少しずつファンがついてくればたくさん売れるようになるのも夢ではありません。
ハンドメイドはうまくいけばかなり稼げる副業にもなるので、
継続して頑張りたいですね(^▽^)

タグ

稼ぐならハンドメイド!売上げアップのポイントは?

こんにちは!真由美です。
もうすっかり今年も終わりの時期になってしまいましたね。
毎年あっという間に1年が過ぎて驚いています(・o・)

いつもはこの時期もお掃除に追われているんですが、
今年はかなり早い段階から取り組んでいたので、
12月に入った段階で家の中はピカピカでした♪

なので、引き続きハンドメイドを楽しんでいたり新しい情報を仕入れてみたり…。

今回は、ハンドメイドで稼ぐためのポイントについて調べたのでご紹介してみますね!

実は、驚くくらい稼いでいる方もいれば、頑張って作っているのに
全く収入に繋がらないという方もいるようです。

副業としてハンドメイドを選択している方も増えているのですが、
全然売れないということになったら大変ですよね。
在庫を抱えるという言い方は少し大げさかもしれませんが、
材料ばかりたくさん用意したのに売れないというケースは避けたいものです。

なにより大事なのは時期に合わせたものを作ること!

これはとても大事なことみたいです。

例えば、今のシーズンだとコサージュなんかがおすすめですね。
成人式やそのあとは卒業式、入学式などもあるので、コサージュが大活躍します。

なにより大事なのは時期に合わせたものを作ること!

実際にハンドメイドの販売サイトではちょこちょこコサージュが登場しているので、
売れるのは間違いないということでしょう!

コサージュの作り方は近々紹介するので参考にしてみてください♪

他にも夏の時期には浴衣に合う小物なんかが売れたりしてるみたいです。
例えば、和風のピアスやイヤリング、夏っぽいブレスレットなどなど。

あとはかんざしも去年はかなり人気のようでした。

そんな感じでその時のニーズに合ったものが
ハンドメイド業界ではとても売れています。

当然ながら真冬にかんざしを出してもあまり売れないようで…。
このあたりは少し先読みして準備すると良いみたいですよ。

例えば、浴衣に合いそうな小物類は7月の早い時期から登場していました。
いつ夏祭りが行われるかというのは地域によって違いがありますよね。

これは卒業式とか入学式でも同じことが言えると思います。
それに、ハンドメイドの中にはオーダーを受けてから作り始めるものもあるため、
購入する方もけっこう早めに準備を始めるようです。

ちょっと出遅れてしまうと既にほかのハンドメイド作品を購入している
人が多く、売れなかったという結果になってしまうことも…。

ハンドメイド業界で今熱いのは?

アクセサリー類は昔から根強い人気があります。
そしてその中で最近特に売り上げを伸ばしているのが
イヤリング!!

おしゃれにこだわっている人はピアスを開けていることも多いのでは?
と思うかもしれません。
でも、イヤリングのニーズはかなり高いんです。

その理由とは…

ピアスを開けられない人から選ばれているということ。

特に注目したいのが小学生~中学生なんです(^o^)
今どきの小学生や中学生ってとってもおしゃれですよね。

でもピアスは学校から禁止されている!
という子が多いらしく、そんな子達からイヤリングが選ばれているんです。
しかもおしゃれにこだわりたいわけなので、そこらへんで売っているような
いかにもおもちゃみたいなものはイヤだ!という方が多いらしく、
大人っぽいイヤリングも人気があります。

ハンドメイドのいいところはやはり市販のものとは違って
珍しいということではないでしょうか。
お友達と同じのはイヤだという小学生や中学生の子がハンドメイドとして
販売されている商品を購入することは珍しくありません。

大人になっても旦那さんや家族からピアスを開けることを反対されていると
いう方もいるので、もちろん大人向けのイヤリングも人気があります。

選べるアイテムが人気!

イヤリングについて話をしましたが、購入者の立場として
ハンドメイドサイトを見ていると、
「これイヤリングじゃなくてピアスだったら欲しいのに!」という商品が
あったりします。

もちろん、その逆を考えている方もいるでしょう。

そのため、とにかく選べるアイテムを作るのがおすすめですよ♪
実際にハンドメイド作品の販売サイトではデザインは同じで
ピアスやイヤリングが選べるものも多いです。

そして、その選択肢はできるだけ多い方がいいみたいなんです。

ピアス

例えば、イヤリングといってもネジバネ式というものもあれば
バネ式や蝶バネ式といったものもあります。
ピアスでも金属アレルギーの方が使えるようなタイプのものもあるので、
こういったものが選択肢にあると喜んでもらえるみたいなんです^^

ただ、原価の問題もありますよね~。
ピアスの金具は100円だから商品価格を1000円に設定したものの、
イヤリングの金具は200円するから1000円のままだと合わない…なんて時もあります。

そういった時はオプションとしてイヤリングの場合は+100円にすれば解決!
実際にそのように販売している方がほとんどです。

こういったアイテムをいろいろ揃えるのは少しお金がかかってしまいますが、
やっぱり揃えておくと購入者の幅も広がるので
手に取ってもらえる確率がアップします♪

今回は売上アップのための基本的なポイントをご紹介しました!
また気付いたことがあったらお知らせしますね~。

タグ

ハンドメイドってどんなもの?稼げる?ハンドメイドに興味深々です。

こんにちは真由美です!
気づけばあっという間に10月も終わりに近づきもうすぐ11月…。
秋といえば芸術の秋ですが、ついだらだら過ごしてしまいます^^;

でもこんな毎日は良くない!何とかしなきゃ!!

と思っていたんですが特にやることもなく…。
そんな中で一緒にランチに行った友達が最近ハンドメイドに
はまっている
という話を聞きました。

前にも一度ハンドメイドについてご紹介したことがありますが、
最近はかなりのブームになっているみたいですね~。

特に時間を持て余している方や、趣味を活かしてお小遣いをゲットしたいと
考えている方から人気があるんだとか。

で、いろいろ話を聞いていたら本当に面白そうなんです。
突然私もやる気が出てきてしまったので、いろいろ調べてみました。

これからハンドメイドでお小遣いを稼ぎたい!と思っている方にも
役立つ情報をいろいろご紹介していければな~と思っています。
 

ハンドメイドの種類

まずは種類からご紹介しましょう。
ハンドメイドといってもいろいろなものがあるんです。
その中で興味のあるものから挑戦してみるのがおすすめ☆

 

ハンドメイドの種類

 
人気の高いところだとアクセサリーがあります。
ピアスやネックレス、ブレスレットのほかシュシュなんかもかなり人気みたいなので、
これは近々特集を使ってしっかりご紹介したいと思います♪
 
 
それからファション系ですね。
ハンドメイドの分野で人気が高いのがネイルチップです。

うまくいけば原価もかなり安い…!

ちょっとした技術が必要になってしまいますが、
ネイルチップの作成だけでかなり稼いでる人も多いみたいですよ~。
こちらも結構興味があるので近々詳しく調べてご紹介できればなと思っています。

あとはやはりバックや服、小物類なんかも人気です。
ミシンで物を作成したりするのが好きという方もいれば、
一針一針手縫いで作っているという方もいます。

小物を作るのは好きだけどミシンを持ってないし…という方でもOKなわけですね。

他にはお部屋の飾り物も人気です。
あとはオリジナルのマスキングテープだったりカレンダー、
消しゴムはんこあたりも定番。

女性にはアロマ・キャンドルも人気が高いようです。
 
 

ハンドメイドを始めるのに必要なものって?

ハンドメイドを始めたいと思ったら材料を準備しなければなりません。
でもあれこれそろえると意外にお金がかかってしまうんですよね…。

私が話を聞いた友人もコツコツ少しずつ集めたものの、
総合すると3万円分以上かかった!って言っていました。
 

お小遣いを稼ぐためにお金をかけるのもちょっとなぁ…と思ってしまったので、
できるだけ安くつくれるハンドメイド商品についてご紹介していく予定です。

実は、100円ショップのアイテムだけでも立派なハンドメイド商品を
作ることができるんですよ♪

あまり材料費をかけられないという方も低価格でできるハンドメイド商品が
たくさんあるので、今後ご紹介することを参考にしてみてくださいね☆

 
材料の購入についてですが、手芸ショップで購入するほか、
インターネットで購入するという手もあります。

インターネットで購入すると種類が豊富なのが魅力なんですが
送料がかかってしまうというデメリットが…。

そのため、私はハンドメイドに必要な材料を集める際に
近所にある手芸店を利用しました。

ところが…!

帰宅してから同じ商品をネットで調べてみたところ、
ネットの方が断然安いものがかなりあったんです…。

ものによっては手芸店で1300円で売られていた商品が
ネットだと900円なんてものも!!
 

ある程度まとまった数を買うのであればネット販売のほうがお得な可能性も高いです。
 
 

ハンドメイド副業って儲かる?

これは一言で言ってしまえば
 

売れれば儲かります。

ハンドメイド副業って儲かる?

 

まあ当然のことなんですが^^;
でも、ハンドメイドの世界ってかなり奥が深くて
良い商品を作ってさえいれば売れる!というわけでもないみたいなんです。

私が思うに何よりも重要なのは作ったものを露出させること!!
たくさんの人が知ってくれれば興味を持ってくれる人も増えるわけです。

そこで利用したいのがハンドメイドの販売サイトですね。

特に有名なところだとminne、Creema、tetoteあたりでしょうか…。

まだそれぞれの違いをあまり理解していないので、
次回はサイトごとの特徴についてもまとめてみたいと思います。

ただ、必ずしも1サイトにしか登録してはいけないというわけではありません。
つまり、複数のサイトに登録するとさらに露出が増えるということ!

最初の固定のファンをつけることが大切みたいなので、 Twitter を使ったり
Facebook で宣伝するのも良いですね☆

具体的にどれくらいの儲けが期待できるのか?
ということについて気になったので調べてみました。
 

例えば、minneではピックアップというシステムを取り上げていて、
ピックアップされた商品はメルマガで紹介してもらえるだけでなく、
サイト上でも目立つ位置に掲載してもらえるんです。

そんな状態になると一気に売り上げが増えるようで、
一日で注文数が200を超えるものも珍しくありません。

 

ピックアップされると…

 
例えば、材料費が100円のピアスを800円で販売した場合、
200個も売れればそれだけで材料費を引いても14万円!
ちょっとしたお小遣いどころかしっかり稼げますよね。

実際にこんなおいしい思いをしている方がたくさんいるわけです。

でもでも全く売れなくて悩んでいる方が多いのも事実…。

当サイトでは注目される商品を作るためのポイントについても
調べてご紹介していきたいと思っているので、
すでにハンドメイドをしているもののなかなか売れない!
という方もチェックしてみてください。
 

というわけで、次回はハンドメイド商品が販売できるサイト
minne、Creema、tetote あたりを比較してみたいと思います。
サイト選びってかなり重要ですからね…!

このほかにも小さな販売サイトはたくさんあるので、
そういったものをまとめてご紹介しますね!
どこで売ろうか悩んでいる方にもとっても参考になれば嬉しいです(^O^)

タグ

このページの先頭へ