ハンドメイドで副業!フェルトコースターの作り方紹介

こんにちは!真由美です。
もうそろそろ暑さも落ち着く頃でしょうか…

外で働いている方たちは本当にすごいですね^^;
私は毎日家の中で涼んでいるので絶対にマネできないなぁと思ってしまいます。
 

最近はまたまたハンドメイドのことに興味が沸いてきて、
家に遊びにきた友達と一緒にハンドメイドサイトのminneを
覗いていたりしたんですが、そこで友達が「私もつくってみたい!」との
一言。

 
ただ、友達はミシンはもちろん、手縫いもあまり難しいのはできない、
細かいのは苦手というタイプらしく…。

最近ハンドメイドに興味が出てきたものの、同じく細かい作業が苦手!という
方は多いのではないでしょうか?
ハンドメイド=細かい作業というイメージもありますよね~。

 
そこで、できるだけ簡単にできるハンドメイドはなにかということについて
ちょっと考えてみました。

 

とても簡単にできるハンドメイドとは?

 
これは人によっても何が簡単かというのは違うはず。

でも、やっぱりミシンを使わない、特別な道具も使わないというのが
最低条件ではないでしょうか?

そこでおすすめなのがフェルト!

フェルトといえば小さいころに使って遊んだイメージはありませんか?

そのフェルトがハンドメイドの業界でも大活躍してるんです♪
フェルトの良いところといえば、なんといっても扱いやすいということ。

普通の布は切りっぱなしの状態だとどんどんほつれてしまいますよね。
そのためほつれ止めをしなければならないわけですが、フェルトであれば
切りっぱなしでもほつれることなし!

 
ほんとに加工しやすいし作品も作りやすいのでこれからハンドメイドを
始めたいと思っているけれど難しいのは苦手…という方もフェルトから
チェックしてみてくださいね。

ちなみに、昔は小さいサイズのものが1枚70円ほどで売っていたんですが、
今は100円ショップならどこでも売っているといっても間違いないほど
定番の商品です。

でもなにを作ればいいのか??という方のためにハンドメイド初心者でも
できる簡単なフェルトコースターの作り方に
ついてご紹介します。

 

フェルトでできる簡単コースター

まず、作りたいコースターのサイズと同じフェルトを色違いで2枚用意します。

 

01

 
大体縦横9~10センチサイズくらいでしょうか。
使うのはこれと針、糸だけ。

それぞれのフェルトを2分割します。

 

02

 
続いて

 

03

 
このようにして右上部分を縫い合わせて

 

04

 
こんな形でどんどん重ねて縫い進めていきます。

 

05

 
完成!

とても簡単ですが、それっぽい(?)コースターの完成です。

重ね合わせて縫い合わせる形になっているので、吸水性もばっちり!

ちなみにこんな感じで4分割にしたものを同じく重ね合わせて

 

06

 
さらにチェックの細かいコースターも作れます。

 

07

 
右側のコースターは8分割したもの。
ここまでくるとちょっと面倒です(´・ω・`)

 

08

 
いかがでしょうか。
とっても簡単なのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

ちなみに、今は100円ショップで色違いのフェルトがセットになった
商品が出ているので、100円で何枚もできちゃいます。

縫物が苦手な人でもこれくらいならできるはず♪
普通の布なら切り口は全部とめる必要がありますが、
フェルトならその必要もありません。

水分を吸収したコースターはしっかり乾燥させてから
つかってくださいね☆

耐久性にも優れているので汚れたら洗っても簡単に壊れるような
ことはありません。
材料費が安いので汚れたら交換するのもありですね!

 

ハンドメイド初心者の強い味方 ボンド

 
そもそも縫うのが苦手だからフェルトを縫うのも心配…
という方もいるかもしれません。

 
そこでおすすめなのがボンド!

ボンドといえば、誰でも一度は工作などで使ったことがあるはず。
あのボンドがハンドメイドの時短にも役立ってくれるんです。

なんとなくしっかり縫ったほうがいいような気がするかもしれませんが、
縫い方が甘くてあとからほつれてくる可能性を考えると
ボンドのほうがよっぽどしっかりとまってくれます。

 
うれしいことにボンドも100円ショップで販売されているので、
フェルトと一緒に購入してみてくださいね。

先にご紹介したように針と糸を使って縫う部分をボンドでとめるだけ
なのでとても簡単です。

ただ、ボンドにはいくつかの種類がありますよね。
100円ショップで販売されているボンドもいろいろあるので、
何用のボンドなのかよく確認したうえで購入しましょう。

 
例えば、プラスチック用、布用というようにわかれています。
多目的というボンドもありますが、いろいろ使ってみて思うのは
やっぱり「○○用」というボンドを選んだほうがしっかりくっつく
いうこと。

 
まあこのあたりは個人の判断になってしまいますが、
実際に使って確かめてみてくださいね☆
用途別にいくつか用意しておくのがおすすめ!

 

ハンドメイド用接着剤選びのポイント

 
接着剤を塗るのが苦手という人におすすめしたいのが、
キャップにハケがついていてハケで塗れるタイプの接着剤。
ふつう、接着剤というとチューブの先から直接くっつけたい部分に
塗って使いますよね。

でも量が付きすぎてしまったり、逆に細かいところにつかなくて
イライラすることも…。
ハケタイプであれば量を調整しながら細かいところにまで
しっかり塗ることができるんので安心☆

ちなみに、2剤を混ぜて使うタイプの接着剤もあります。
こちらは混ぜ合わせる分量を間違えてしまうとうまく固まらないことも
あるのである程度慎重さと慣れが必要になってしまいますが、
かなりしっかりくっついてくれるのでおすすめです。

くっつけたらすぐに硬化するというわけではなく、商品によって
5分で硬化、30分で硬化、90分で硬化という形で違いがあります。

強度については90分で硬化タイプが一番しっかりしているようなので、
しっかりとめたいものがある場合は2剤90分タイプを
選んでみてくださいね。

 

ハンドメイド用接着剤選びの注意点

 

0906

 
そもそも接着剤なんてどれも同じものなんじゃないの?と思っている
方もいるかもしれません。
ですが、そんなことはないんです!

ハンドメイドをするうえで特に注意しておきたいポイントともいえるのが、
透明度に関すること。

 
例えば、完成した作品の中でも目に見える部分に接着剤を使う場合、
しっかり透明になってくれるものを選ぶ必要があります。

見えないところに使うものであれば特に問題ないかもしれませんが、
接着剤によってはクリーム色っぽくなったりくすんでしまうものがあるので
注意してくださいね。

 
100円ショップの接着剤は安くていいんですが、時間がたつと劣化して
黄色っぽくなってしまうものが多いといわれています。
そのため、年数が経過しても劣化しにくい接着剤を探しているという
ことであれば100円ショップのものではなく、ちょっと高めのものを
選択したほうがいいかも…。

 
次に、粘度の問題があります。
接着剤の中には水のようにさらさらしたものもあれば、どろっとした粘度の
高いものもあるわけです。

さらっとしたものは薄い布や平らな金属同士をくっつけるのには特に問題が
ないんですが、凹凸のあるパーツなどをくっつける時にはある程度
粘度があるものじゃないと途中で取れてしまうことがある
ので
注意してくださいね。

 
ちなみに、粘度の高い接着剤の中には硬化したあともさわるとぶよぶよした
状態のものが多いです。
このあたりは接着剤を選ぶ際にそれぞれの注意書きをチェックすれば
失敗しにくいはず。

 
それからもうひとつ!
接着剤の中には塗ったあとに周りが白くなってしまうものがあります。
せっかくアクセサリーパーツなどがキレイにできていたとしても白っぽくなって
しまえばその時点で失敗…というアイテムもあるはずなので注意が必要!

 

ハンドメイドの接着剤がうまくつかない!?

 
接着剤やボンドを使ってハンドメイドアイテムを作ってみたところ、しっかり
くっつかずに取れてしまった…!という経験はありませんか?

これはその接着剤自体に問題があったわけではなく、使い方を間違えていた
可能性もある
んです。

 
まず、硬化する時間というのは接着剤によって違います。これを間違えて
まだ固まっていない接着部分に触れ、取ってしまう人もいるようなので
注意が必要ですよ~。

例えば、「4分で硬化開始」という接着剤があります。
でも、こういった接着剤の中には確かに固まり始まるのは塗ってから
4分後くらいであるものの、完璧に固まるまでには24時間かかる
ようなものも
多いんです!

 
どの接着剤も硬化時間が早いほうが売れやすいからなのかはよくわかりませんが
硬化開始時間を大々的にパッケージに書いておいて完全硬化時間は
小さく書かれているので見落としがちなポイントですね^^;

 
それから、いくら強力な接着剤だったとしても塗布面が小さいとうまくくっついて
くれません。

接着剤やボンドを付ける範囲は広ければ広いほどしっかりとまってくれるものだと
考えましょう!

強力タイプだからちょこっと塗っただけでもしっかりくっついてくれるはず!
と思っていると簡単にはがれてしまうわけですね。
このあたりは特に注意しておきましょう。

 
強度などについてあまり考えずに適当に接着剤選びをした場合、
ハンドメイド商品として販売するものを作る場合、お客さんの手元に届いた
時点ですでに壊れていた…!というケースも考えられます。

そのような状態ではリピーターになってもらうことはできませんよね…。

郵送で発送する場合、お客さんの手元に届くまでにはその他の郵便物に
もまれる形になるわけです。
その中で壊れてしまう可能性も考え、十分な対策をとりましょう!

 

簡単でしっかり接着!グルーガンとは?

 
グルーガンというアイテムをご存じでしょうか?
こちらです。

 

09

 
100円ショップのダイソーで買えます!
※ご覧のとおり200円ですが…(ダイソー多いですよね^^;)

 
ちょっと余談なんですが私の記憶が正しければ数年前までは
ダイソーのグルーガンは100円でした。
でもとにかくコードが短くて延長コードも買わないと使いものに
ならない!

というか延長コードもセットで購入させることを前提に開発した
としか思えない長さだったんですが今日買ってきてみたら
なんとコードが1メートルになっているではないですか!

 
で、それに気づいたのが家に帰ってきてからでして…。
つまり勝手にコードが短いと思っていた私は延長コードも一緒に
購入してきたわけです^^;

100円から200円になってますが、そもそもグルーガン自体普通に
買うと500円以上するものなので、延長コードを買わなくて
良くなったことも含めると200円という金額でもお得だと思います。

話を戻します。

このアイテムは、専用のグルースティックという棒状の
ボンド(写真右)を差し込んで
それを溶かして使うアイテムです。

グルースティックも100円なので併せて300円。

ちなみに、グルースティックには他にもピンクとかブラウンといった種類が
あります。
ただの接着剤として使う分にはクリアで問題ないです。

ボンド代わりに使うことができるのですが、グルースティックはすぐに固まって
しまうので素早さが大切!

接着剤やボンド、グルーガンを活用してお手軽ハンドメイドに
挑戦してみてくださいね☆

 
 
でも、あれこれ材料をそろえなければ…ということになると
やっぱり気になるのがお金…。

私はメールレディというお仕事をして気軽に稼いでいます♪
これは自宅でメール交換をするだけで稼げる在宅ワークなので、
気になる方はぜひチェックしてみてくださいね^^
 
こちらで詳しくご紹介しています。

タグ

このページの先頭へ