ハンドメイド商品が売れないなら委託販売もおすすめ!

こんにちは!真由美です。
最近はかなり暖かくなってきましたね~♪

近所でも桜が咲いていて、本格的にお花見計画を立てています^^

さてさて、今日は、ハンドメイド作品を作ったのになかなか売れない!
在庫ばかりたまってしまう…!と悩んでいる方のために
売上アップの方法ともいえる委託販売についてご紹介したいと思います。

実は実際に店舗を構えているお店の中にも
ハンドメイド商品の委託を扱っているところもあるんです!

なかなか売れない作品がある場合、それはもしかしたら
多くの人の目に留まっていないことに原因があるのかもしれません…。

当然ながら、同じ商品であったとしても1,000人の人に見てもらうのと
1人にしか見てもらえないのとでは売り上げが大きく違ってきますよね。

そのため、ハンドメイドでたくさん稼ぐためにはとにかくたくさんの人に
商品を見てもらうことが重要なんです!

例えば、ハンドメイド販売サイトのminneなどに登録するのも良いですね。
でも、せっかくminneに登録してもメルマガなどで取り上げてもらえないと
なかなかチェックしてもらえないというのも事実…。

いつか取り上げてもらえるかも…と夢を見て新しい作品を登録し続けるのも
良いのですが、そうなると取り上げられなかった作品がどんどん
溜まっていってしまいますよね。

そんな時にも委託を役立ててみましょう!

そもそも委託販売とは?

 

そもそも委託販売とは?

 

これは、「あなたの作品私が代わりに販売しますよ」といってくれている
ショップさんに商品を渡し、商品が売れたら代金を受け取るという
システムのことです。

具体的なシステムはどこにどのような形で依頼するのかによって違うのですが、
基本的にはいくらかの手数料を取られた上で売り上げが入金される形になります。

仮に委託販売をすることになった場合、基本的な流れは次のようになるはず。。

1.委託販売をしてくれるショップとの契約
2.ショップ側にハンドメイド作品を送る
3.ショップがネットショップや実店舗でその商品を販売
4.売れた場合に手数料を引いた金額が振り込まれる

もしも売れなかったらどうなるの?という疑問もあるかもしれませんが、
その場合はこちらの希望があれば商品を返送してくれるところがほとんどです。
この際の送料などは基本的に自分で負担する形になるでしょう。

それから気になるのが手数料はどれくらい取られるのか?ということですよね。
これもショックによってかなり違いが大きいです。

相場としては大体2割~4割くらいだと思っておいた方が良いでしょう。

他には買取という形であらかじめハンドメイド商品を買い取り、
販売してくれるケースもありますが、こちらはある程度知名度がなければ
買取という形で引き受けてもらうのは難しいでしょう。

ハンドメイド作品を委託販売をするメリット・デメリット

 

ハンドメイド作品を委託販売をするメリット・デメリット

 

なんといっても、自分の商品を見てもらえる機会が増えるということが
大きなメリット!

特に、人気の高いお店に委託を引き受けてもらえれば
売れる確率はぐっと高くなります。

それに、実際に商品を販売するのは自分ではなく
委託を受けてくれたショックになるわけなので、
自分自身で接客をする必要はありません。

ハンドメイドイベントなどに出てみたものの、
接客が苦手でなかなか売れなかったという経験を持っている方も、
委託販売であれば安心ですね。

また、ネットショップでの販売になった場合でも
自分で梱包や発送の作業する必要もないわけなので、
かなり手間を省くことができます。

次にデメリットについてですが、手数料取られてしまうというのは
大きなデメリットですネ…。

仮に自分で販売していた場合には支払わなくていい費用とも
いえるので、ある程度知名度が上がってきて売れるようになったら
委託販売ではなく、自分の身で売ることも考えた方が良いですね^^;

それから、お店によってはスペース代というものがかかってしまう
ところもあります。

これは実店舗に商品を並べてもらう場合に多いものなのですが、
1ヶ月あたり1,000円~5,000円程度のスペース代がかかってしまう
ケースもあるので確認しておきましょう。

これは、残念ながら仕方がないお金ともいえます。
というのも、商品を並べても全く売れないということになると
お店側も売り上げに繋がらないので困ってしまいますよね。

そこで、 スペース代というものを取り、ひとつも売れなかったとしても
損をしないような形になっているわけです。

ただ、ひとつも売れなかった場合、下手をすると料金のみ
を支払い続ける形になってしまうかもしれません。
このあたりは注意をしたいですね。

毎月スペース代を支払って置いているのに全く売れないという場合、
自分の作っているハンドメイド商品とお店を覗いているお客さんの
タイプが違う
のかもしれません。

しばらく動いてみて全くれないようであれば
他の委託先を探した方が良いでしょう。

ですが、それ以外にはあまり大きなデメリットはありません。
あえて言うのであれば、自分で直接販売をしないために
お客さんの生の声が効きにくいということは上げられるかもしれません。

委託を依頼する際の注意点

委託販売は非常に便利なものではありますが、
トラブルもつきもののようです。

例えば、商品をお願いしたのにそのあと全く連絡が取れなくなった、
委託販売を開始した直後であるにも関わらずショップが
閉店してしまったというトラブルはたくさんあります。

こういったことを避けるためもできるだけ信頼できる委託先を
探しましょう。

中には、本当は商品が売れたにも関わらず、それをお知らせせずに
料金を支払ってくれないところまであるようです…!!Σ(Д゚;/)/
特に新しくできたばかりのネットショップや店舗では
こういったトラブルが起きやすいので長く運営しているところを
選んだ方が良いですね。

委託先の探し方

 

委託先の探し方

 

インターネットを使って探すことができます。
ただ、かなり人気のショップになると審査があったり、
断られてしまうケースも多いので注意しなければなりません。

自分で販売サイトなどを持っている場合、サイト宛に
メールなどで委託販売の案内が届くこともあるので、
サイトやブログを作り、多くの人に見てもらうというのも大切です。

ハンドメイド商品は売れないと諦めてしまいがちではありますが、
このような販売方法があるため、ぜひ実践してみてくださいね。

タグ

ハンドメイド販売って稼げる?~主婦の副業情報~

こんにちは!真由美です。

先日、友達が主催していたハンドメイドの販売会に行ってきました~。
小さくてかわいいものがたくさん販売されていて、ほんとみんな器用なんだなぁって
感動!(´▽`)

中にはハンドメイド販売を本業とし、これのみで生計を立てている人もいるみたいで、
奥が深い世界だなぁと感じました。
それと、ハンドメイドといえば女子の趣味というイメージがありましたが、
男性の出品者の方もけっこういて、今や女性だけのものではないんだと
気付きました☆

ハンドメイドを副業としている主婦はかなり多いみたいです。
やっぱり手作りの温かさって素敵ですよね。
ノルマがあるわけじゃないので、自分のペースで楽しみながら作業ができるということは
とても嬉しいこと。

それに、自分がデザインして作ったものを誰かが買ってくれた時にはすごく
嬉しいはずです。
今回は、若い新米ママさんから外で働くのが大変になってしまった方にまで
幅広く人気があるハンドメイド販売について紹介してみますね。

ハンドメイドの種類は?

どういったものがあるのかというと、その種類はとにかくいろいろなんです。

例えば、編み物系も人気があります。
何でも最近は、ハンドメイド作品を購入してそれを「私が編んだの♪」と言いながら
彼氏に渡す人もいるんだとか(笑)

<毛糸を使った編み物は昔から人気がありますよね~。。
ちょっとジャンルが似ていますが、あみぐるみとか羊毛フェルト系も人気が高いです。

かわいい系の動物を作ってオークションに出品しているという人がすごくたくさんいます。
小さいサイズのものも人気が高いのですが、中にはほんの3cm程度のあみぐるみで
軽く1万円を超えるような値がつくものもあるので、人気のあみぐるみ作家さんになれば
かなりの高収入が期待できるのではないでしょうか?

羊毛フェルトについては、愛犬の写真を送るとその写真そっくりなフェルト作品を
作ってくれるという作家さんの特集をテレビでみたことがあります。
こちらも数万円単位で値がついていました。

あと最近はアクセサリー系が人気ですよね。
レジンを使ったものや、樹脂粘土系もかなり人気が高いです。

ハンドメイドアクセサリーが人気

レジン系の作品はアクセサリーが特に人気ですが、自分でおしゃれを楽しむために
レジンを極めたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

樹脂粘土系だと定番はスイーツデコ系ですね。

アクセ系と雑貨系は常に人気があるジャンルなので、これからハンドメイドを始めたいと
思っている人にもおすすめです♪

どこで販売できる?

ハンドメイド作品が販売できる場所は、実にたくさんあります。

まず、自分でネットショップを開いている人も多いですよね。
ある程度の作品数がないと難しいかもしれませんが、無料で使えるショッピングカート
機能なんかも増えてきているので、そういったものを活用すればほとどの費用を掛けず
ネットショップを運営できます。

あとはオークションを利用するという方法もあるでしょう。
特に人気作家さんの場合はファンがたくさんいるので、お手頃価格でネットショップ販売を
するよりもオークションに出品したほうが儲かります。
ファッションアイテムにハンドメイド作品を取り入れている人もいますが、そういった人は
オークションで探すことが多いようです。

あとはフリーマーケットとかハンドメイド作品の販売会を利用するという方法も一般的!
こちらは開催情報を調べる必要がありますが、ハンドメイド好きな方と触れ合えるので
とっても楽しいですよ♪
最近はフリマアプリを使った販売方法も人気があるようです。

委託販売を行っているサイトを探したり、ハンドメイド作品を募集しているサイトに
登録する
という方法もアリです。

ハンドメイド販売のメリット・デメリット

ハンドメイド作品を販売するメリットといえば、やはり楽しいということ!
作っている時間も楽しいですが、それを認めてもらえた瞬間というのはほんとうに
嬉しいものです。

それと、好きな時間に作品作りを楽しむことができます。
ハンドメイドを通して知り合った友達がたくさんいるという人も多いので、
一人の時間をさみしく過ごしがちな専業主婦の方にもおすすめです。

商品についてコメントをもらったりすると、やりがいにも繋がります。

ただ、デメリットとして理解しておきたいことがいくつかあります。

まず、副業として成り立たせるのはかなり難しいということ。

ハンドメイド作家さんの中にはそれだけで食べていける人もいますが、かなりの人気
作家さんにならないと難しいです。

それに、材料費だってかかりますよね。
ちょっとした毛糸程度であれば100円均一でも購入することができますが、レジンや
樹脂粘土、良い素材を使った洋裁をしたいと思っている場合、材料費だけで簡単に
数万円かかってしまうことだってあります。

そう考えると、ハンドメイド販売をしたために赤字になってしまったという例も珍しく
ないんです…。

『暇な時間を使って副業をしよう!
それなら趣味を活かしてハンドメイドがいいかなぁ♪』

なんて思っていた人は、この点について考えておいたほうがいいかもしれません。

結局ハンドメイド販売って稼げる?

お金を稼ぐという目的でハンドメイド販売を考えているのであれば、おすすめできません。
あくまで、趣味で作ったものを販売してちょっとしたお小遣いがもらえればいいなぁと
思っているくらいならばいいのですが、場合によっては材料費のほうが高くなってしまうと
思っておいたほうがいいですね^^;

フリマなどの場合は手数料がかかったりもするので、材料費だけでなくそういったものも
考えておかなければなりません。

ハンドメイド販売のように空き時間で稼げるものを探しているということであれば、
インターネットを使った副業のほうが断然稼げます。

中でもメールレディは空き時間で手軽に稼げる副業として人気があるので、
こちらの記事「初心者でも問題なし!【稼げる副業】ならメールレディ」も
是非チェックしてみてくださいね。

タグ

このページの先頭へ